ガス会社を乗り換えるには

最近、ガス会社や電気会社の乗り換えのCMをよく目にするようになりました。

すでに自由化されているLPガスに続いて、電力の自由化が始まり、2017年4月から東京、大阪、東邦、3社の都市ガスの自由化が始まりました。


消費者の中では、会社の乗り換えをして得をしたケースが口コミで広がり、乗り換えを検討する人が増えつつあります。


私たちの生活に大きく関わってくるエネルギーなので、できるだけ安く使いたいものです。
エネルギーの自由化により、企業の間で競争が始まれば、料金の低価格化も進んできます。


また、消費者にとってメリットのあるサービスも増えていくことになります。

ガスの乗り換え情報が揃っています。

アフターサービスも向上し、安全面も今まで以上に向上します。
では実際にどれくらい安くなるかと言うと、使用料、設備等によっても変わってきます。


床暖房や、ファンヒーター等の使用で、すでに現行の会社で割引を受けている場合は、乗り換えるとかえって割高になることがあるので注意が必要です。


プロパンガスに乗り換える場合は、サービス面をかなり慎重に検討する必要がありますが、価格をかなり安く抑えることができそうです。



ただし、会社によっては契約を取りたいばかりに、激安価格を提示しておいて、ある一定の期間を過ぎると、少しずつ値上げをしてくることもあるので、契約前にしっかりとしたリサーチが必要です。



ガスの品質に関しては、厳格な規制があるため安全性が低下することはありません。
仮に契約した会社が倒産した場合も、地域の他の会社がバックアップする制度になっているので心配ありません。